mD-Signage2.0シリーズを発売

スマートフォンをデジタルサイネージ化する iBeacon/Beacon 対応 IoT ソリューション

mD-Signage2.0 シリーズを発売

2017 年(平成 29 年)6 月 7 日より販売開始

 

株式会社夢現舎(代表取締役:飯田公司、東京都八王子市)は、スマートフォンをデジタルサイネージ化するiBeacon/Beacon 対応 IoT ソリューション『mD-Signage』(エム・ディー・サイネージ)の新バージョン『mD-Signage2.0』シリーズを、2017 年 6 月 7 日より発売します。

『mD-Signage2.0』は、お客様のオリジナルアプリとして製品提供する「オリジナル」に加え、サービス提供の「クラウド」(ストアからダウンロードできる『mD-Signage2.0』共用アプリを利用)を追加。導入&運用コストを抑え、小規模な店舗様でも気軽にご導入いただけるようになりました。また、新機能「mDSネットワーク」を実装。これにより、1つのアプリで他の施設も楽しむことができるという、ユーザーにとって利便性が高く、回遊施策としても効果を期待できるサービスをご提供します。
本製品・サービスは、総務省情報通信国際戦略局情報通信経済室発表『平成 27 年度 公共分野における「IoT・ビッグデータ・人工知能(AI)」の利活用の現況等に関する調査研究 報告書』にて、観光分野における IoT ソリューションとして選定されており、世界的な関心を集め、国内でも経済産業省が推進する第4次産業革命(Industry4.0)に合致するものであり、当社としては、2020 年東京オリンピック・パラリンピックとその先へ向け、訪日外国人(インバウンド)対応はもとより、ハード&ソフトレガシーとして残るビジョナリー・ウェア (※1) として積極的に展開して参ります。

(※1)『ビジョナリー・ウェア』とは
当社が提供する製品・サービスは、「まぶしいくらいに明るい未来(ビジョン)を実現する道具(ウ
ェア)である」という思想で開発を進めており、その製品・サービスのことを『ビジョナリー・ウェア』
と呼んでいます。製品・サービスが導入、利用が開始されて終わりということではなく、導入した時点か
ら成長や進化が始まるという思想。『ビジョナリー・ウェア』という言葉には、このような想いが込めら
れています。

詳しくは製品・サービス紹介ページをご覧ください。

PAGE TOP